moviestorage

映画、テレビ、ミュージックビデオ、ドラマなどのストレージメディア

2017年観た映画レビュー その2

f:id:jamila-x:20180217232039j:plain

やっつけ企画、2017年観た映画振り返り。
今回は8~10月に観た映画たちです。
予告編も貼っていれば、Amazonビデオへの接続もばっちり(最近の映画はほぼAmazonでさくっと観られるということか! そりゃあTSUTAYAは潰れる)ということで、かなり気の利いたリンクにはなっているかと思います!

 

『素晴らしき映画音楽たち』

 

『SCOOP!』

 

ダンケルク

 

戦争のはらわた

 

ハングオーバー!!! 最後の反省会

 

『her』

 劇場で観ていればエターナル・サンシャインレベルの感動を味わったはずなので、ちゃんと書きたかった……。
折りたたみスマホはもうすぐ実用化されそう。必要なのかはさておき。

 

『新感染』

 

『エイリアン:コヴェナント』

終電後のド深夜に観たファスベンダー劇場。ダメな所めちゃ多いんだけど結構好き。
おかげで『プロメテウス』すら観直したくなった。

 

SCOOP!

SCOOP!

 
ダンケルク(字幕版)

ダンケルク(字幕版)

 

2017年観た映画レビュー その1

f:id:jamila-x:20180217231200j:plain

観た映画は何であれブログに残しておきたいけど、自分の持ち時間と能力ではできなくて。
とりあえずツイッターには残しているので、それをまとめて気持ちを落ち着かせるための記事です。
ツイッターを始めた2017年の3月から夏くらいまでのまとめ。
その前に観たのは『ローグ・ワン』『ラ・ラ・ランド』『コクソン』など。

 

ドント・ブリーズ

 

キングコング:髑髏島の巨神』

 

『ムーンライト』

 

『インサイダーズ/内部者たち』

 

『メッセージ』

 

言の葉の庭

 

『葛城事件』

 中華料理屋のシーンは伝説。


『日本で一番悪い奴ら』

 

 

ムーンライト(字幕版)
 
言の葉の庭

言の葉の庭

 
葛城事件

葛城事件

 

『デトロイト』――差別が加速させた悪夢のような役割分担

f:id:jamila-x:20180213010247j:plain

先週、キャスリン・ビグローの最新作『デトロイト』を観てきた。
デトロイト暴動」が起こった背景から実際の暴動の様子、そして、後半は登場人物たちが拷問に近い執拗な取り調べを受けたといわれる「アルジェ・モーテル事件」を描いた作品だ。

ハート・ロッカー』『ゼロ・ダーク・サーティと、ビグローは9・11以降の「憎悪の連鎖」「アメリカの罪」を、特殊な任務に従事する主人公に徹底的にフォーカスすることによって描いてきた。
僕がビグローの近作に魅力を感じていたのは、その扱うネタの新しさと、先述した主人公の「病のごとく狂気じみた職業倫理」にある。

しかし、『デトロイト』は50年以上前の出来事を、確たる主役不在、つまりやや群像劇のスタイルで描いている。ジョン・ボイエガは一番上にクレジットされているが、『スター・ウォーズ』と違いヒーローにはなれない。力強い個にフォーカスすることによって、フィクション的要素が濃くなることを恐れたのだろう。(ゆえに事件が発生するまでにかなり眠くなったことを付け加えておく……₎

 

f:id:jamila-x:20180213010308j:plain

白人警察の黒人への暴行事件は今も後を絶たない。結末含め「アメリカは本質的に何も変わっていない」と考えずにはいられない映画だが、執拗に描かれたアルジェ・モーテル事件のシーンによって、ビグローは人種差別と「病のごとく狂気じみた職業倫理」の相関を描きたかったのかもしれない。

デトロイト』で最も印象に残るのは、ウィル・ポールター扮するレイシストの白人警察官クラウスだ。
どっかの批評家が「ビグローの卓抜さは、トランプ支持層の『幼稚さ』を「童顔」の俳優に形象化したことに集約される」なんていうひどいコメントを発していて驚いたんだけど、確かにちょっとステレオタイプな描かれ方ではある。
クラウスの描かれ方から思い出したのは、「アルジェ・モーテル事件」のシーンは、さながらちょっと前に話題になったドイツ映画『es[エス]』のようだ、ということ。看守と囚人それぞれの役割を演じさせたら人間どうなるか、という実際に行われた実験の顛末を描いた映画である。
暴動最中の緊張状態にあって、「肌の違い」によって役割が固定化され、行為は自己正当化され、積極的にその役回りに没頭していった末の悪夢――差別は種火であり、ブースターである。

クラウスは狡猾で暴力的であるだけではなく、警察官として、彼なりに狂った倫理感の下「取り調べ」をやっているという意識なのである。だが、正当化しようにも銃が見つからず、「取り調べ」は「拷問」の様相を呈すことになる。
他の白人警察官も松竹梅のように極悪度が分かれつつも、次々と暴力に加担する。
フリンは俺たちの街でこんなこと許さねえ」と言い、黒人と一緒にいた白人女性を蔑視し、服を剥ぎ、今にもレイプしそうな勢いだ。

あの状況下で「あれはおもちゃの銃だったんだよ」と主張しても受け入れられる可能性は低かったと思われる。とはいえ「銃は無いんだよ」と言っても状況は見ての通りだったわけで、あそこには退役軍人に最も象徴的だったが、黒人側のプロテストが込められていたのだろうか……。

ジョン・ボイエガは二項対立から一歩退いた立ち位置だが、結果『スター・ウォーズ』とは違いヒーローにはなれない。
『最後のジェダイ』からの落差が半端無い。  

 

映画の舞台がモータウン時代のデトロイトとあって、挿入される楽曲もいちいち素晴らしいが、やはりエンディングで流れるThe Rootsの曲を取り上げたい。
エリカ・バドゥジョン・レジェンドとフィーチャリングしてきたルーツならではな素晴らしい楽曲に仕上がっている。
ビラルのひたすらカーティス・メイフィールドを彷彿とさせるソウル・パートのある種のノスタルジー、バトンを受け取るブラック・ソートのラップの正しい鋭さ重さ。
「公平じゃない」――当時も今も続く黒人の受難とプロテストが邂逅するかのような名曲だ。

 

es[エス] [DVD]

es[エス] [DVD]

 
Detroit

Detroit

 

『デトロイト』ではなく、『ゼロ・ダーク・サーティ』過去記事

f:id:jamila-x:20180212222730j:plain

2013年2月に書いたものです。

---------------------------------------------------
公開日に観た『ゼロ・ダーク・サーティ』。
ウサマ・ビン・ラーディンの発見・殺害に執念を燃やしたCIA女性分析官を描いた物語だ。
監督のキャスリン・ビグローは、『ハート・ロッカー』に続きイスラム世界が舞台の映画を撮ったことになる。

 

映画は冒頭、真っ暗闇で助けを叫ぶ人々の、あまりにも生々しい肉声だけが響き渡る。
9.11で、アメリカは多くを失った。
罪なき多くの人々を失い、経済の象徴WTCを失い、超大国の威信を失った。
失ったものを取り戻すために、これ以上失わないために、すぐに色んなものが変わった。
アフガニスタンイラクは戦場と化し、入国審査は厳しくなり、映画のテロリスト役はアラブ人が占めるようになった。
3.11を経験した日本人である自分も、天災とテロはまるで違うとはいえ、その前後で社会や人が大きく変わってしまう在り様(逆に、変わらない様)をよく知っている。
9.11は、世界中がそうなってしまった、世界史に深く刻まれる悲劇だ。
それが、一人の男、ウサマ・ビン・ラーディンによってもたらされたのである。

 

f:id:jamila-x:20180212223320j:plain

ビン・ラーディンが殺された時、溜飲が下がったと同時に、NYで歓喜するアメリカ人を見て、すっきりしない気持ちになったことを憶えてる。
確かにビン・ラーディンは、殺されるべき=死刑になるべき凶悪犯罪者だ。
しかも、ビン・ラーディンはテロリストにとってのアイコン的存在だったから、彼を拘束すれば、その奪還を目指したテロを誘発しかねない状況でもあった。

「殺さなければならなかった」というアメリカの理屈はある程度理解できる。
しかしながら(大量破壊兵器など無かったが)、あのフセインだって捕まって裁判を受けることができた。パキスタンの主権も堂々と侵している。
これでは法もクソも無い。
先日グアムで日本人を殺した若者も特殊部隊が殺してくれたらいいのにと思う。
要は、その前に観た『アウトロー』の「正義」が国家レベルまで通底しているのが、アメリカという国なのだ。

と、つらつら映画外のことを書いてしまったけど、この映画はそういったことを言いたくなるほど、ビン・ラーディン捜索と殺害を順を追って丁寧に描いている。
同時にヒストリー・チャンネルでやっていたドキュメンタリーを見たけど相違はほとんどなく、脚本のマーク・ボールがCIAや政府関係者に緻密な取材を行った結果が見事に反映されている。
ラストの突入シーンは映画として独立した緊張感みなぎるシークエンスになっていて、日本人丸出しの感想を言うならば、オウム真理教の麻原を捕えるために第6サティアンに突入した警察の視点とでも言うべきか。
だから、「これはアメリカのプロパガンダ」「この映画は一方的な視点からして描かれていない」とか本当どうでもいいことをしたり顔で抜かす人は出てくると思う。
ブラックホーク・ダウン』公開時の反応で散々言ってきたことだけど、それは当たり前だ。

 

f:id:jamila-x:20180212223334j:plain

映画的な脚色がなされているのは、主人公マヤの造形だろう。
爆弾処理以外のことに自分の居場所を見つけられない男を描いた『ハート・ロッカー』に続き、『ゼロ・ダーク・サーティ』は、10年間ビン・ラーディンを探し出すことに没頭したCIA女性分析官を描いている。
パキスタンでプライベートも寝食も忘れ、アルカイダメンバーを当たり前のように拷問し、取り調べのテープを目を凝らしてチェックし、ビン・ラーディンの連絡員「アブ・アフマド」を探し続ける日々。
ハート・ロッカー』ですらあった葛藤は映画で一切描かれないし、仕事の不平不満を言うことも無い。彼女は凄まじく「空洞」なのである。
敢えて言えば、「正義」や「報復」といったものがアメリカを突き動かしていたのならば、現場レベルのマヤを突き動かしていたのは、狂気じみた職業倫理だったのではないか。
だから、彼女が最後に見せた表情は狂気の終焉でもあり、新たな始まりでもある。

 

2017年気になったミュージック・ビデオ 番外編

2回に分けて振り返った2017年のミュージック・ビデオ。
今回は、「凄いミュージック・ビデオ」という観点では選に漏れたけど、漠然とテレビとかYouTubeとか見てて気に入った曲たちを。
前半ロック寄り、後半ポップ寄り。 

  

HYUKOH - Leather Jacket

moviestorage.hatenablog.com

 

Liam Gallagher - Wall Of Glass

古びたアレンジだし、リアム老けたなあと思いつつ、相変わらずの堂々たるリアム節でついつい口ずさんでしまう。

 

The National - The System Only Dreams in Total Darkness

moviestorage.hatenablog.com

 

U2 - You’re The Best Thing About Me

4人が30年近くやってても相変わらず仲良さそうだし、アメリカを刺激し続けるのが清々しい。

 

米津玄師 - 灰色と青( +菅田将暉

米津玄師の歌がここまでアンセミックになったことにJ-POPの進化があると思う。

 

The Chainsmokers & Coldplay - Something Just Like This

チェインスモーカーズとコールドプレイ、と聞いた時、驚きより必然だと思った。
極上のトラックにただただ極上のメロディを乗せたい、そんな純粋なコラボ。

  

 

Khalid - Young Dumb & Broke

この曲、ヴァースがオアシスの「Songbirdにすごい似てると思うのは自分だけ?
ラナ・デル・レイレディオヘッドに訴えられた曲のような問題は全く無いけど……。


Zedd, Alessia Cara - Stay

本人たちのMVよりリリック・ビデオのクオリティにびびる。

Kygo, Selena Gomez - It Ain't Me

moviestorage.hatenablog.com
マルーン5も夢オチのMVをSZAと。

 

Charlie Puth -  Attention

Justin Timberlake - CAN'T STOP THE FEELING!

Demi Lovato - Sorry Not Sorry

Clean Bandit - Symphony feat. Zara Larsson

 

番外編の番外編として、個人的に飛ばせない「ミュージック・ビデオ」だったのが、Netflixの傑作ドラマ『ナルコス』のオープニングテーマ「Tuyo」。
90秒で作品の世界観を決定付けてしまった名曲だ。

コロンビアが舞台ということでラテンナンバーだが、ギターのフレーズが哀愁があるというよりかは背徳感に溢れ、今で言うと「Depacito」的な陽気なラテンのイメージを改めるきっかけになった。
この秀逸なテーマと当時のコロンビアのニュース映像やパブロ・エスコバル本人を時折インサートさせることで、電車で見ても一気に作品の世界に入ることができた。

 

 

 

 

HYUKOH (ヒョゴ) 1集 - 23

HYUKOH (ヒョゴ) 1集 - 23

 
AS YOU WERE [CD]

AS YOU WERE [CD]

 
SLEEP WELL BEAST [CD]

SLEEP WELL BEAST [CD]

 
SONGS OF EXPERIENCE [CD]

SONGS OF EXPERIENCE [CD]

 
BOOTLEG

BOOTLEG

 
メモリーズ...ドゥー・ノット・オープン

メモリーズ...ドゥー・ノット・オープン

 
American Teen

American Teen

 
ステイ+

ステイ+

  • アーティスト: ゼッド,ウィリアム・グリガーシン,ジャスティン・ビーバー,アンドリュー・ワット,アリ・タンポジ,ルイス・ベル,オースティン・ローサー,ルミディー・セデーノ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2017/12/27
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 
Kids in Love

Kids in Love

 
Voicenotes

Voicenotes