読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

moviestorage

映画、テレビ、ミュージックビデオ、ドラマなどのストレージメディア

『アウトレイジ 最終章』特報公開記念! 『アウトレイジ』振り返り

f:id:jamila-x:20170423211920g:plain

制作が発表されていたアウトレイジ最終章』の特報・キャスティングがついに先日公開された。
ピエール瀧は大傑作『凶悪』でのぶっ込みヤクザが最高だったし、『ビヨンド』で良いキレ具合を見せていた塩見三省、そして久々の大杉漣!/『ビヨンド』からの松重豊/光石研「バイプレイヤーズ」の登場もうれしい(寺島進はいないが)。
『ビヨンド』は肩透かし感あったが、有終の美を飾る大ドンパチを期待せずにはいられない。

 

ということで、第一作『アウトレイジ』を振り返りたい。

記事は2012年くらいに書いたものです。

 

----------------------------------------
たけしが『BROTHER』以来久々に「ヤクザ」と「暴力」にとことん向き合ったアウトレイジ
ここまで何も考えずヤクザ同士の権謀術数や無様な抗争を楽しんだこともなかったし、
そういえば、たけしが続編を作れるような映画を撮ったというのもこれまでにないことなんだけど、「王道」のテーマを撮りながらにして新鮮な印象を与えることに成功したのは、キャスティングと音楽だろう。

音楽そのものは、実は『DOLLS』以来久石譲を使っていないから一概に言えないが、『座頭市』でも組んだ鈴木慶一によるチープなノワール感は映画にぴったりだった。

次にキャスティング。
これまでのたけしは、北野組と呼ばれるほど、キャスティングを固定化してきた。
大杉漣寺島進や渡辺哲、女優では岸本加世子がたけし映画を表象してきたと言ってもいいほどだった。
それが『アウトレイジ』では、これまでたけし映画に出たことのない俳優を惜しみなく起用している。たけしは主演しているものの、珍しい悪役を伸び伸びと演じてる俳優陣に見せ場を譲っている節すらあるのだ。

そんな中で絶対おいしかったのが武闘派ヤクザを演じた椎名桔平
「なんだできねえのかコノヤロー」「きこえねえのかコノヤロー」と恫喝も板についてた。 

f:id:jamila-x:20170423211801j:plain
「池元組だったらタダなのかコノヤロー」の椎名桔平

  

アウトレイジ』を語る上で避けては通れないのが、このアウトレイジ「コノヤロー」特集。何度笑ったか分からない。


(これを観た後だと言葉遣いが非常に乱暴になるので注意が必要だコノヤロー!)

この動画は批評的だ。なぜなら、たけしの映画はたけし自身が書いている以上、たけしの独特な言語感覚が反映されたものであるということをつまびらかにしているからだ。
役者が変わろうと、音楽が変わろうと、「バカヤロー」「コノヤロー」だけは絶対残るのである。
さらに言えば、今も昔も「バカヤロー」「コノヤロー」が、たけし映画のリズムを作ってきたし、それらが「芸人ビートたけし」のパブリックイメージと非常に地続きなものだから、どこか笑えてしまうのだ。

 

アウトレイジ [Blu-ray]

アウトレイジ [Blu-ray]

 
凶悪 スペシャル・プライス [Blu-ray]

凶悪 スペシャル・プライス [Blu-ray]