読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

moviestorage

映画、テレビ、ミュージックビデオ、ドラマなどのストレージメディア

『アウトレイジ 最終章』特報公開記念! 『アウトレイジ ビヨンド』振り返り

f:id:jamila-x:20170423211901j:plain

アウトレイジ 最終章』特報・キャスティング公開記念、続き。
アウトレイジ』の続編、アウトレイジ ビヨンドについて昔に書いた記事です。

 


 ----------------------------------------

多大な期待を持って公開初日に観に行った、『アウトレイジ ビヨンド』。
聞きしの通り面白かったし、観たかった話の流れがそこにあったんだけど、素晴らしい映画を観たという高揚感があったわけではない。
それはあのラストのぶった切り(強引に切らないと、これは延々と続く物語だからだ)にあったのかもしれないし、こういう感情になる、カタルシスをやや排する作りにたけしの意図があるとすれば、まんまとはまっているんだが。

アンサンブル映画としては『ビヨンド』のほうが面白いし、脚本もこう繋がってくるのかと感慨も深いけど、前作『アウトレイジ』にあった直接的な暴力とかヤクザ社会の台詞回しからくる「おかしみ」みたいなのが、『ビヨンド』は希薄なんだよなあ……。
このシリーズでたけしが挑んだ、しゃべり芸としての面白さが、期待を上回るものではなかったというか。なんか、悪人も必死で生きてんだよね(笑)。

「コノヤロー」の切れも前作のほうが良かったし。個人的には椎名桔平の不在がでかかった。たけしの立ち振る舞いも血の気がなく、『BROTHER』の終盤を想起させるような、どこか達観した、ヤクザの欲望と策略の渦から意識的に離れようとしているものだった。

 

f:id:jamila-x:20170424013545j:plain

アウトレイジ ビヨンド』は、刑事・片岡演じる小日向文世劇場だといっていい。
前作で抗争の火種を作ったのは山王会会長・関口だったが、
今回は山王会弱体化を目論んだ片岡の「スキーム」にヤクザが乗っかる形で抗争が始まっていくからだ。
だから、本作は片岡の登場シーンが異様に多い。
前作のように、事件をもみ消したり情報を提供したりして金をせびるだけの存在ではなく、警察こそ暴力装置であると言わんばかりのシニカルなストーリー展開になっている。 

 

f:id:jamila-x:20170424013453j:plain

もっと出てほしかったのが、花菱会幹部を演じた塩見三省
元々の顔のいかつさ、怒声の迫力が凄かったので、武闘派として派手に振る舞ってほしかったが、べしゃりに終始して残念。超怖かったのに。

 

f:id:jamila-x:20170424013424j:plain

そして、まさに「特命係長」(笑)だった高橋克典は、まさかのセリフなしのターミネーターっぷり!(笑)。
ちょっと強すぎて歯ごたえ無いぞコノヤロー。